白蟻駆除で気にしておきたい薬剤散布とアレルギーへの影響

薬剤散布の安全性とアレルギーへの懸念を考えよう

白蟻駆除の不安~アレルギーがあっても薬剤散布は可能か~

殺虫剤

白蟻駆除の薬剤には、強い刺激や臭いが感じられるものも存在します。健康面への影響はどのようなものなのか、詳しく解説します。

薬剤散布の心配

事実、白蟻駆除の薬剤が原因となってアレルギー反応を起こす可能性はあります。シックハウス症候群の原因物質として知られるホルムアルデヒドや、強力なトルエン・キシレンといった有機リン系、ピレスロイド系薬剤以上に蒸発しやすいため、人体への影響も大きく懸念されます。

薬剤による白蟻駆除の疑問

白蟻駆除の薬剤によってアレルギーが起こることはありますか?
白蟻駆除薬剤の中でも、特に人体へ影響が大きい物質は、有機リン化合物と考えられています。アレルギーを引き起こしやすく、小さな子供やお年寄りがいる家庭では少し不安です。ただ、近年はそうした影響も考えて、安全性を重視した薬剤が主流となってきています。主に5年で効果が切れるような穏やかな効き目のものを基準とし、それを定期的に使用することで白蟻を食い止める、という形が一般的です。
子供がアレルギー持ちなのですが、薬剤による駆除をしても大丈夫でしょうか?
アレルギーといっても、種類は様々です。薬剤関連のものもあれば、食べ物や衣服、日光で発症する場合もあるようです。そのため、まず何に対してアレルギーがあるのかを確認し、その上で薬剤使用における危険性がないかを判断します。さらに実施時にはできる限り影響のない場所へ移動してもらい、症状を防止します。そのため、駆除自体ができないといった心配は基本的にありません。また駆除方法の中には、臭いや刺激のほとんどないものも存在するため、どうしても心配な場合はそちらをおすすめすることも可能です。

使用量や場所が重要

前述の通り、白蟻駆除の薬剤には一定の刺激があるものも少なくありません。効き目が抑えられているとはいえ、油断はできません。事実、使い方を一歩でも間違えれば、アレルギーを引き起こす可能性は十分に考えられます。しかし、使用量や場所をしっかり弁えた専門業者に依頼をすれば、そうした危険性も考慮した上で駆除を行なうので安心です。

白蟻対策がアレルギー改善に繋がる~シロアリが嫌いな環境を知る~

白蟻駆除の薬剤がアレルギーに繋がる心配もありますが、白蟻の繁殖を放置することもまた、原因となりかねません。白蟻対策は、アレルギーの有無に限らず、やっておくに越したことがないのです。

湿気とシロアリの関係

白蟻が好む環境として、湿気の多い場所が挙げられます。さらに餌として木を食べるため、そこは湿気の多い木がある場所となります。これによって考えられるのが、木の腐朽やカビの発生です。腐敗臭やカビの胞子もまた、アレルギーをはじめとした体調不良の大きな要因となります。ですが、白蟻対策を行なえばこの問題も解消できます。なぜなら、対策には湿気除去も含まれるのが一般的だからです。

簡単にできるシロアリ対策

炭には無数の孔が開いているため、湿度調整が期待できます。さらに効果は半永久的ともいわれているため、白蟻対策としての床下換気に有効です。しかし、これはあくまでも湿度を減らす程度の効果に過ぎません。白蟻発生を強力に抑えられるほど高い吸湿機能ではないため、その点は理解しておいてください。ただその分、費用は比較的安くなります。
床下調整剤
床下の土壌部分に敷く形で使用する調湿剤になります。砂利のようなタイプが一般的なため、見栄え的にも違和感がありません。また値段も安いため、こちらも炭同様、気軽に試せます。さらに防湿と共に防臭の効果も持ち合わせているものが多いなど、メリットの多い存在となってくれます。

定期的な点検をする

上記2つの湿気対策の大きなメリットは、何といってもアレルギー反応が置きにくいことです。強力な薬剤を使用しないため、子供やアレルギー体質の家族を守る上でも有効です。しかし、直接的に白蟻駆除ができる存在でもないため、白蟻対策としては十分に安心できません。炭や床下調整剤で調湿しつつも、やはり定期的な点検をすることが大切です。

TOPボタン
アレルギーと白蟻駆除の関係性【安全にシロアリを退治する方法】